社会的距離の難しさ | 発達に心配のあるお子さんを持つママを支える【オンライン受講もできる】| NPO法人 ギフト

お気軽にお問い合わせください

050-3573-3534

お問い合わせはこちらから

ブログ

ブログ

社会的距離の難しさ

こんにちは。

 

緊急事態宣言が出されている中、障がい児の母としての視点で、色々な事を感じる日々です。

 

なぜ、学校がお休みになるのか。

我が家は、日中一時や放ディもお休みしています。

 

この状況をなかなか理解できないお子さんも、多いのではないでしょうか。

不安定になっている子が多いと、耳に入ってきています。

 

 

ソーシャルディスタンスという言葉も毎日聞くようになりました。

 

社会的距離。

 

が、発達障がいや、凸凹ちゃんは、ここの理解が難しい子が多いですよね。

人との距離感をとるのが難しいという特性を持っている子が多いです。

 

 

混雑を避ける。

 

ということでは、元々人混みが苦手はお子さんも多いかな。

 

 

ただ、外出することでストレス発散になっているお子さんも多いのでね。

お出かけができなくなる状況は、なかなか厳しいですよね。

 

 

お子さんが不安定ということは、お母さんもイライラするのは当たり前。

ただでさえ、大人の不安な空気を読み取るのが上手な子達です。

 

 

こんなときこそ「タッチ」と「香り」で、不安をやわらげましょう!

 

手をさするだけでもいいでしょう。

背中をさするだけでもいいでしょう。

 

感覚過敏のあるお子さんはさするのではなく、圧をかけてもらう方が好きな子も多いです。

歌を歌いながらタッチするのもおすすめです!

 

そして「アロマ」も、ぜひ取り入れたいアイテム。

不安な今、取り入れたい香りは、ラベンダー、グレープフルーツ、ベルガモット、オレンジなど。

ティッシュに1、2適たらして、香りを楽しむのもよしですよ^^

※グレープフルーツ、ベルガモット、オレンジは光感作があります。
肌に塗布する際は気をつけましょう。

※精油は飲用はNGですよ。

 

困りごと、不安な事がある。
今の状況をみんなでシェアしたい。

そんな方々はどうぞオンラインお話会に参加してみてくださいね。
※近々オンラインお話会参加します。(お子さんがいても気にせずご参加ください^^)

 

理事長 高岡

一覧ページへ戻る
<< UX「にいがたLive!ナマ+トク」!
メディア掲載情報(朝日新聞4/3) >>
PAGETOP
ページトップヘ